Vシリーズ勧告
電話網におけるデータ通信 〜


勧告番号 勧 告 内 容 参 考
一 般
V.1 2値表示記号と2状態符号の有意状態との関係  
V.2 電話回線でのデータ伝送における電力レベル  
V.4 公衆電話網におけるキャラクタデータ伝送用 国際アルファベット5の一般的信号構成  
V.5 一般交換電話網における同期式データ伝送に対するデータ信号速度の標準化  
V.6 専用電話形回線における同期式データ伝送に対するデータ信号速度の標準化  
V.7 電話網におけるデータ通信に関する用語の定義  
V.8 一般電話網上でのデータ転送セッション開始手順  
V.8bis 一般電話網上でのDCE、DTE間の認識および共通モード識別運用手順  
インタフェースおよび音声帯域モデム
V.10 100kbpsまでのデータ信号回路に用いられる汎用の不平衡複流相互接続回路の電気的特性 X.26/RS-423Aと同様
V.11 10Mbpsまでのデータ信号回路に用いられる平衡複流相互接続回路の電気的特性 X.27/RS-422Aと同様
V.12 52Mbpsまでのデータ信号回路に用いられる平衡複流相互接続回路の電気的特性  
V.13 疑似キャリヤ制御  
V.14 同期ベアラ回線上における調歩式文字伝送  
V.15 データ伝送用音響結合の使用  
V.16 医療用アナログ・データ伝送モデム  
V.17 14.4Kbpsまでのファクシミリ用2線式モデム  
V.18 文字電話モード環境のDCE運用のための運用および相互接続要求  
V.19 電話の信号周波数を用いる並列データ伝送用モデム  
V.20 一般交換電話網用に標準化された汎用並列データ伝送モデム  
V.21 一般交換電話網用に標準化された300bps全二重モデム  
V.22 一般交換電話網ならびにポイントポイント2線式専用電話形回線用に標準化された1200bps全二重モデム  
V.22bis 一般交換電話網ならびにポイントポイント2線式専用電話形回線用に標準化された周波数分割方式による2400bps全二重モデム  
V.23 一般交換電話網用に標準化された600/1200ボーモデム  
V.24 データ端末装置とデータ回線終端装置間の相互接続回路の定義 RS-232C
V.25 手動接続および自動接続でのエコーサプレッサの機能停止を含む一般交換電話網における自動応答装置およびまたはパラレル自動起呼装置  
V.25bis 100シリーズ相互接続回路を用いた一般交換電話網における自動起呼および応答装置  
V.25ter シリアル非同期自動ダイヤルおよび制御  
V.26 4線式専用電話形回線用に標準化された2400bpsモデム  
V.26bis 一般交換電話網用に標準化された2400/1200bpsモデム  
V.26ter 公衆電話網および2線式ポイントポイントの専用電話形回線用に標準化されたエコー・キャンセラ技術による2400bps全二重モデム  
V.27 専用電話形回線用に標準化された手動等化器付き4800bpsモデム  
V.27bis 専用電話形回線用に標準化された自動等化器付き4800/2400bpsモデム  
V.27ter 一般交換電話網用に標準化された4800/2400bpsモデム  
V.28 不平衡複流相互接続回路の電気的特性  
V.29 ポイント-ポイント4線専用電話形回線用に標準化された9600bpsモデム  
V.31 接点制御形単流相互接続回路の電気的特性  
V.31bis オプトカプラーを用いた単流相互接続回路の電気的特性  
V.32 一般交換電話網および専用電話形回線で使用される9600bpsまでのデータ通信速度で動作する2線式全二重モデムファミリー  
V.32bis 一般交換電話網および専用電話形回線で使用される14.4kbpsまでのデータ通信速度で動作する全二重モデム  
V.33 ポイント-ポイント4線専用電話回線用に標準化された14.4kbpsモデム  
V.34 一般交換電話網および専用電話形回線で使用される33.6kbpsまでのデータ通信速度で動作するモデム  
広帯域モデム
V.35 60〜108kHz群帯域回線を用いる48kbpsデータ伝送  
V.36 60〜108kHz群帯域回線を用いる同期式データ伝送モデム  
V.37 60〜108kHz群帯域回線を用いるデータ信号速度72kbpsを越える同期式データ伝送  
V.38 ディジタルポイント-ポイント専用回線で使用する48/56/64kbpsデータ回線終端装置の標準  
誤り制御
V.40 電気機械装置による誤り表示  
V.41 符号に依存しない誤り制御システム  
V.42 非同期-同期変換によるDCEのエラー訂正手順  
V.42bis エラー訂正手順を使用するデータ回線終端装置のデータ圧縮手順  
V.43 データフロー制御  
伝送品質および保守
V.50 データ通信の伝送品質に関する標準  
V.51 データ通信に用いられる国際電話形回線の保守 M.729
V.52 データ伝送用の歪および誤り率測定器の特性  
V.53 データ伝送用に用いられる電話形回線の保守限界  
V.54 モデム用ループ試験デバイス  
V.55 電話形回線用インパルス雑音測定器の特性 O.71
V.56 電話形回線に使用するモデムの比較試験  
V.56bis 2線電話品質接続のモデム性能評価のための網伝送モデル  
V.56ter 2線、4kHz音声帯域全二重モデム環境での試験手順  
V.58 VシリーズDCEの管理情報モデル  
データおよび他信号の同時伝送
V.61 一般交換網で使用する、14.4kbpsまでのデータ伝送速度で動作するデータ専用モデムに自動切替する4800bpsまでの伝送速度で動作する 音声・データ同時伝送モデム  
V.70 一般電話交換網あるいは2線専用ポイント-ポイント電話形回線でデータとディジタル符号化音声を同時伝送するための手順  
V.75 DSVD端末制御手順  
V.76 一般的な多重化装置が利用するV.42 LAP-Mベースの手順  
V.80 インバンドDCE制御と非同期DTEの同期データモード  
V.90 送信速度 56kbps、受信速度 33.6kbpsまでの公衆交換電話網を利用したディジタルモデム・アナログモデムペア  
他のネットワークとの相互接続
V.100 公衆データ網と一般交換電話網間の相互接続  
V.110 Vシリーズインタフェースを有するデータ端末装置のISDNへの収容 I.463
V.120 統計的多重方法によるVシリーズインタフェースを有するデータ端末装置のISDNへの収容 I.465
V.130 ISDNターミナルアダプタの枠組み  
V.140 64/56kbps多重ディジタルチャネルを利用する2つのマルチプロトコル音声画像端末間の通信確立手順  
データ通信のためのインタフェースレイヤ仕様
V.230 一般データ通信インタフェース レイヤ1規格  
制御手順
V.250 シリアル非同期自動ダイヤルおよび制御  
V.251 DTE制御呼ネゴシエート手順  
V.252 DTEによるV.70およびH.324端末の制御手順  
V.253 非同期DTEによるDCEの音声関連機能の制御  


更新日 99/03/23


ITU勧告シリーズに戻る