2002.4.6


のりさんから、やきもの展の案内をもらって、鎌倉まで見に行ってきました。
久しぶりの鎌倉です。
のりさんは、陶芸教室に6年通っています。
どっかのカルチャー教室ではなく、土間で粘土をこねるところから自分でやって
る本格的なものです。

自分も、横浜に引っ越したら、ぜひのりさんに弟子入りしたいと思っています。


鎌倉市中央公民館の地下ギャラリーです。
入り口にあった案内板です。
作品「鎌倉の花を愛でながら」

50cm×50cmの中で鎌倉を表現するのが
テーマだったと聞いています。

この作品は、お祝いにいただけることに
なっているのですが、鎌倉といって何を
思い浮かぶ? と聞かれて「紫陽花」といった
ところ、そのイメージも取り入れてくれました。

のりさん、ありがとう。
鎌倉も葉桜になっていました。
例年だと、まだ咲いているんだけどねぇ。