1999.4.11


噂に聞いていた、横浜「華正樓」の肉まんを食べた。
さすが、「華正樓」侮れず。一口食べただけで、私でも違いがわかった。
コンビニの肉まんとは、全然違います。
「内閣総理大臣褒賞」は、伊達じゃない。

筍の食感が、た・ま・ら・な・い。




表面にシワがあるのが、肉まん、ツルっとしてるのが、あんまんです。
もちろん、買ってきて、「蒸し器」で蒸したことを付け加えておこう。
なぜ、蒸し器があるかってことは、みなさんご存知のとおり、「形から入る」性格ゆえである。



あんまんも一味違う。「あん」が中華してます。
ごま油が効いていて、ねっとりとした中華あん。
クセになりそうです・・・